本日は、数週間前に知り合って、まったく、数回しか、しかもその方の日雇い後々でしか依然として話した箇所の薄い仲間とやっとバイト後々以外で会う保証をしていました。いく場所の構成も練っていて、当日に出向く場所の段取りもして、取り計らい万端で、バイト終わりの場面を見計らって、行きました。
 しかしながら、彼女がこちらに言ってきた字は「すいませ?ん。婦人と話すスタイルが入っちゃいまして」と言われました。心から婦人と話すスタイルが、当日に入っちゃったのかもしれませんが、ボクと一緒に機動をしてくないだけという風にも食べることが出来ます。その時点で、次の保証をすればよかったのですが、その場で約束を取り付ける箇所無く立ち去りました。ただ、次の事項を済ませようと歩いてうたところ、製図を頼まれていたシールを手渡すのを忘れていたことに気が付きました。慌てて、彼女のバイト先に戻って、そのシールを譲り渡しました。これで、せめて爪あとは残せたかなと思っています。http://www.therealasset.co/